和声会 第24回定期演奏会


日時  2012年3月25日(日)
14時開演(13時30分開場)
会場 羽生市産業文化ホール 大ホール
入場料 前売 《指定席》 2500円、《自由席》 一般2000円、高校生以下 1000円
当日 2500円 (自由席のみ)

ソリスト ソプラノ  吉田恭子  アルト  河野めぐみ
テノール 岡本泰寛  バス   北川辰彦

管弦楽 東京アカデミック交響楽団

曲目 カッチーニのアヴェ・マリア
ヴェルディ作曲 「レクイエム」
アンコール   荒城の月
ソプラノ:吉田 恭子
愛知県出身。国立音楽大学大学院オペラ専攻修了。第40期二期会オペラスタジオ研究生修了。’97年イタリアへ留学し、エウジェーニョ・フルロッティ、マリア・キアーラ、レナータ・スコット各氏に師事する。第33回日伊声楽コンコルソ第2位、第5回ラッコニージ国際音楽コンクール及び第1回ヴィニョーラ声楽コンクール共に1位なし第2位、他多数入賞。「コシ・ファン・トゥッテ」「セヴィリアの理髪師」「フィガロの結婚」「魔笛」「トゥーランドット」リュー役、宮本亜門演出「ドン・ジョヴァンニ」「カルメン」「皇帝ティトの慈悲」佐渡裕指揮「ヘンゼルとグレーテル」「ラ・ボエーム」「ノルマ」「ドン・パスクワーレ」の主要な役に出演。「第九」モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」ヴェルディ「レクイエム」等のソリストに出演。二期会会員、日伊協会会員。

アルト:河野 めぐみ
東京芸術大学、同大学院オペラ科修了。後藤寿子、R・エリー、横山修司の各氏に師事。'93年「ルチア」のアリーサで藤原歌劇団にデビュー。以後椿姫、ファウスト、蝶々夫人、カルメン、マクベス、アルジェのイタリア女、アドリアーナ・ルクブルール等に出演。新国立劇場にはリゴレット、エフゲニー・オネーギン、ルチア、花言葉に出演。
また「カルメン」では毎年全国各地での文化庁青少年芸術事業公演の主役を務めるほか、各地市民オペラや2005年愛知万博での松尾葉子氏プロデュース「文楽様式による異説・カルメン情話」など様々な公演に出演を重ねている。95年、ミラノヘ留学。96年イタリア・ブッセート市にてヴェルディの声国際声楽コンクール優勝。
藤原歌劇団団員。武蔵野音楽大学講師。
 
テノール:岡本 泰寛
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大大学院音楽研究科修士課程修了。
1994年『魔笛』のタミーノ役でデビュー。2000年には4月新国立劇場・二期会共催公演『サロメ』、二期会公演『フィガロの結婚』(宮本亜門演出)、新国立劇場・二期会共催公演『ナクソス島のアリアドネ』、2003年新国立劇場小劇場『無人島』(日本初演)、2005年東京のオペラの森『エレクトラ』、小澤征爾音楽塾に参加し天津、上海で『セヴィリアの理髪師』特別演奏会に出演、2006年には東京の森のオペラの「オテロ」に出演した。コンサートではNHK交響楽団の定期公演、準メルクル指揮の『ヴィーナスとアドニス』、シャルル・デュトワ指揮の『エレクトラ』にソリストとして出演。
二期会会員。

バス:北川 辰彦
国立音楽大学卒業。同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所第5期修了。文化庁在外派遣及びローム・ミュージック・ファンデーションの奨学金を得てイタリアに留学。ジュゼッペ・ディ・ステファノ国際コンクールにおいて外国人特別賞を受賞しトラーパニ音楽祭『コジ・ファン・トゥッテ』にドン・アルフォンソ役で出演。東京のオペラの森『エフゲニー・オネーギン』の小澤征爾をはじめ佐渡裕、大友直人、C.アルミンク、P.コンビチュニー、C.グルーバーなど著名な指揮者や演出家と共演。『フィガロの結婚』フィガロ、『ドン・ジョヴァンニ』レポレッロ、『愛の妙薬』ドゥルカマーラ、『アイーダ』ランフィス、『セヴィリアの理髪師』ドン・バジリオなど、数多くのオペラに出演し演技面でもその存在感を示している。美声と凛々しい舞台姿を兼ね備え、今後の活躍が期待される。
オペラ界のトップスター6人による男声ユニット「ザ・ジェイド」(http://thejade.jp)のメンバー。二期会会員。
http://www.tatsuhiko-kitagawa.com


東京アカデミック交響楽団
(財)新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、NHK交響楽団、サイトウキネンオーケストラといった、在京オーケストラで活動するトップメンバーを軸に、それ等オーケストラに係わるフリープレイヤーから編成されている。